国内の印鑑の歴史

当たり前のように使用している印鑑ですが、印鑑は人間の歴史と切っても切れないくらい長い歴史があるということです。印鑑は、最初は印章といった意味で用いられるようになったわけです。古代のメソポタミア地方でもそういった印章が使われていたという証拠もあるのです。権力のある人だけが使っていたというイメージの強い印鑑ですが、現代では一人一人が印鑑を用いて重要な手続きを行ったりもしています。印鑑に関しては、なんと通販でも購入できるようになっています。印鑑のサイズを選んでみたり、また印鑑の書体を選んでみたりと、通販でも自由自在にチョイスできるわけです。

支払い方法なども確認して、必要な印鑑を購入できるのです。印鑑にも個人印鑑があったり、法人印鑑があったりもします。日本で本格的に印鑑の制度が確立され始めたのは、大化の改新の頃だという説もあるわけです。天皇の内印といったものも、当時は政府によって造られていたということです。その頃は印鑑の私用というものはまだなされていませんでした。つまり官印が主なものだったのです。大化の改新の時代の印鑑は銅でできた印ばかりです。

官印制の時代もあったわけですが、平安時代の後半部分では、花押というものが用いられるようになりました。この花押も、天皇が好んで用いたといわれています。美しいデザインのものが多かったわけです。日本国内で公文書に印鑑の捺印が要求されるようになるまでにはさらに長い歴史があるわけです。

▼特集
印鑑・はんこの専門通販サイトいいはんこやどっとこむです →→→ はんこ